キーボード アクセラレータ

アクセラレータ1

アクセラレータを使うと、キーボードのキーの組み合わせで、メニューなどを操作できます。

ここでは、Alt + ?、もしくは、Alt + / で、メニューから「ヘルプ」-「バージョン情報」を選択したときに表示するダイアログボックスを立ち上げます。

ダイアログボックス - インコのWindowsSDK を修正します。

流れ

WinMain()

1.LoadAccelerators()で、アクセラレータを読み込みます。

HACCEL LoadAccelerators(
    HINSTANCE hInstance, // アクセラレータのリソースが入ったモジュールのインスタンス
    LPCTSTR lpTableName  // アクセラレータのリソースID
);

2.メインメッセージループで、TranslateAccelerator()によりアクセラレータを処理します。
キー(ここでは、ALT・?・/キー)が押されたときに、WM_COMMANDメッセージを発生せる関数が、TranslateAccelerator()です。

int TranslateAccelerator(
    HWND hWnd,         // 目的のウィンドウのハンドル
    HACCEL hAccTable,  // アクセラレータテーブルのハンドル
    LPMSG lpMsg        // メッセージ情報
);

TranslateAccelerator()が失敗すると、0が帰ってくるので、このときはTranslateMessage()、DispatchMessage()を実行しないようにします。

リソースファイル

1.アクセラレータを追加します。

id ACCELERATORS

id リソースID

BEGINからENDに挟まれたところが、アクセラレータです。

"key", id, type, option

key キーボードのキー
id リソースID
type 数値でコードを指定したなら ASCII
仮想キーを指定したなら VIRTKEY
option ALT,SHIFT,CONTROLを指定することで、これらのキーと同時に押すとアクセラレータが有効になります。

ソースコードの入力

ソースコードは下記のように入れてください。

test.cpp
#include <windows.h>
#include "resource.h"

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst;                          // 現在のインターフェイス

// このコード モジュールに含まれる関数の宣言を転送します:
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

int APIENTRY WinMain(HINSTANCE hInstance,
                     HINSTANCE hPrevInstance,
                     LPSTR lpCmdLine,
                     int nCmdShow)
{
    MSG msg;
    HACCEL hAccelTable;

    MyRegisterClass(hInstance);

    // アプリケーションの初期化を実行します:
    if (!InitInstance (hInstance, nCmdShow))
    {
        return FALSE;
    }

    hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_HP));

    // メイン メッセージ ループ:
    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0))
    {
        if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
        {
            TranslateMessage(&msg);
            DispatchMessage(&msg);
        }
    }
    return (int) msg.wParam;
}

//
//  関数: MyRegisterClass()
//
//  目的: ウィンドウ クラスを登録します。
//
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
{
    WNDCLASSEX wcex;

    wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

    wcex.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wcex.lpfnWndProc = WndProc;
    wcex.cbClsExtra = 0;
    wcex.cbWndExtra = 0;
    wcex.hInstance = hInstance;
    wcex.hIcon = LoadIcon(NULL , IDI_APPLICATION);
    wcex.hCursor = LoadCursor(NULL, IDC_ARROW);
    wcex.hbrBackground = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW+1);
    wcex.lpszMenuName = MAKEINTRESOURCE(IDC_HP);
    wcex.lpszClassName = TEXT("HP");
    wcex.hIconSm = LoadIcon(NULL , IDI_APPLICATION);

    return RegisterClassEx(&wcex);
}

//
//   関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
//
//   目的: メイン ウィンドウを作成します。
//
BOOL InitInstance(HINSTANCE hInstance, int nCmdShow)
{
   HWND hWnd;

   hInst = hInstance; // グローバル変数にインスタンス処理を格納します。

   hWnd = CreateWindow(TEXT("HP"), TEXT("HP"), WS_OVERLAPPEDWINDOW,
      CW_USEDEFAULT, 0, CW_USEDEFAULT, 0, NULL, NULL, hInstance, NULL);

   if (!hWnd)
   {
      return FALSE;
   }

   ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
   UpdateWindow(hWnd);

   return TRUE;
}

//
//  関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM)
//
//  目的:  メイン ウィンドウのメッセージを処理します。
//
//  WM_COMMAND - アプリケーション メニューの処理
//  WM_DESTROY - 中止メッセージを表示して戻る
//
//
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    int wmId, wmEvent;
    switch (message)
    {
        case WM_COMMAND:
            wmId = LOWORD(wParam);
            wmEvent = HIWORD(wParam);
            // 選択されたメニューの解析:
            switch (wmId)
            {
                case IDM_ABOUT:
                    DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
                    break;
                case IDM_EXIT:
                    DestroyWindow(hWnd);
                    break;
                default:
                    return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
            }
            break;
        case WM_DESTROY:
            PostQuitMessage(0);
            break;
        default:
            return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
    }
    return 0;
}

// バージョン情報ボックスのメッセージ ハンドラです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
    switch (message)
    {
        case WM_INITDIALOG:
            return (INT_PTR)TRUE;

        case WM_COMMAND:
            if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
            {
                EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
                return (INT_PTR)TRUE;
            }
            break;
    }
    return (INT_PTR)FALSE;
}

上記の太線で示している箇所のみ追加です。

resource.h (変更なし)
#define IDR_MAINFRAME 128
#define IDD_ABOUTBOX 103
#define IDM_ABOUT 104
#define IDM_EXIT 105
#define IDC_HP 109
#ifndef IDC_STATIC
#define IDC_STATIC -1
#endif

test.rc リソースファイル
#include <windows.h>
#include "resource.h"

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//
// メニュー
//

IDC_HP MENU
BEGIN
    POPUP "ファイル(&F)"
    BEGIN
        MENUITEM "アプリケーションの終了(&X)", IDM_EXIT
    END
    POPUP "ヘルプ(&H)"
    BEGIN
        MENUITEM "バージョン情報(&A)...", IDM_ABOUT
    END
END


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//
// ダイアログ
//

IDD_ABOUTBOX DIALOGEX 0, 0, 170, 62
STYLE DS_SETFONT | DS_MODALFRAME | DS_FIXEDSYS | WS_POPUP | WS_CAPTION | WS_SYSMENU
CAPTION "バージョン情報"
FONT 9, "MS UI Gothic"
BEGIN
    ICON            IDR_MAINFRAME,IDC_STATIC,14,14,21,20
    LTEXT           "HP, Version 1.0",IDC_STATIC,42,14,114,8,SS_NOPREFIX
    LTEXT           "Copyright (C) 2008",IDC_STATIC,42,26,114,8
    DEFPUSHBUTTON   "OK",IDOK,113,41,50,14,WS_GROUP
END


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//
// アクセラレータ
//

IDC_HP ACCELERATORS
BEGIN
    "?", IDM_ABOUT, ASCII, ALT
    "/", IDM_ABOUT, ASCII, ALT
END

上記の太線で示している箇所のみ追加です。