Visual Studio Express 2015 for Desktopインストール概略

ここでは、Visual Studio Express 2015 for Desktopのインストール方法を説明します。

  • インストールができるWindowsのバージョンはWindows 7 SP1以降です。
  • ダウンロードする際と、インストールしてから30日以上使用する場合は、Microsoft アカウントが必要です。(後述)
    オンライン登録をしたくない場合は、Visual C++ 2008 Express Edition オフライン(DVD)インストールにすれば、登録が不要です。

Visual Studio Express 2015 for Desktop

ダウンロード

1. マイクロソフトのWebサイト

https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=691984&clcid=0x411 にアクセス。

セットアップ

1. 実行

Internet Explorerのポップアップウインドウ『実行(R)』をクリック。
VCホームページ3オンライン

2. インストール

しばらくすると、下記画面が表示されるので『インストール(N)』 をクリック。
インストール1

ユーザーアカウント制御のダイアログが出ますので、「はい」や「続行」をクリックして、インストールを始めます。
インストール3

インストールが終われば、『今すぐ再起動(N)』もしくは『起動(L)』 をクリック。
インストール4 インストール4

4. 起動

再起動した場合は、スタートメニューから『VS Express for Desktop』をクリックして、起動。
インストール4

下記の表示が出るので、しばらくお待ち下さい。
インストール4

しばらくすると、下記の表示になります。
Microsoft アカウントを持っている場合は、『サインイン(I)』をクリック。
Microsoft アカウントは、Outlook.comやHotmailなどのアカウントです。
持っていない場合は『後で行う。』 をクリック。
インストール6
インストール7

オンライン登録

インストール時にMicrosoft アカウントを持っていて、サインインした場合はすでに登録が済んでいます。
よって、以下の操作は不要です。
それ以外の場合は30日以内にオンライン登録をします。

Visual Studio Express 2015 for Desktopを起動し、メニューバー「ヘルプ(H)」-「製品の登録(P)」を選択します。
インストール8

『サインイン』をクリックします。
インストール9

Microsoft アカウント(メールアドレス)を入力し、『続行』をクリックします。
インストール10

パスワードを入れ、『サインイン』をクリックします。
インストール11

オンラインでプロジェクトを作成しないので、『後で行う』をクリック。
インストール7

登録が完了しました。
インストール12