このページで記載されているVisual Studioは、最新のバージョンではありません。

最新のバージョンのインストール方法は、 Visual Studio Express 2015 インストール をご覧ください。

Visual Studio Express 2012 for Windows Desktopインストール概略

ここでは、Visual Studio Express 2012 for Windows Desktopの入手方法を説明します。

  • Visual Studio Express 2012 for Windows Desktopをインストールするには、Windows 7 SP1以上が必要です。
  • 使用する場合は、マイクロソフトへのオンライン登録が必要です。(後述)
    オンライン登録をしたくない場合は、Visual C++ 2008 Express Edition オフライン(DVD)インストールにすれば、登録が不要です。
  • Webインストールの場合、2010までは、C++とかBasicといった言語別に配布していましたが、2012からは一括で配布されるようになりました。
  • オフラインインストール(CDインストール)の場合は、サイズが622MBになりました。
    バージョンが2010以前はDVD-R/RWが必要でした、CD-R/RWでも焼くことができます。

Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop

ダウンロード

1. マイクロソフトのWebサイト

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=34673 にアクセス。

言語に「日本語」が選択されていることを確認して「ダウンロード」のボタンをクリック。

VCホームページ1

2. ダウンロード

オフラインインストールをする場合は、VS2012_WDX_JPN.iso のチェックを入れます。
Webインストールをする場合は、wdexpress_full.exe のチェックを入れます。
右下にある『次へ』をクリック。

VCホームページ11

microsoft.comからのポップアップがブロックされました。
と表示が出る場合は、
Webサイト上にある30 秒経ってもダウンロードが開始されない場合は、こちらをクリック
をクリックしてもう一度やり直します。

セットアップ

1. 実行

Web インストールする場合は、Internet Explorerの場合は『実行(R)』をクリック。
オフラインインストールする場合は、ダウンロードした VS2012_WDX_JPN.iso を実行。
(Windows7 でISOマウントツールがない場合は、CDやDVDに焼いてから実行してください。)
VCホームページ2

インストール1

2. ライセンス条項に合意

『ライセンス条項に合意する。(T)』 にチェックを入れます。
「Visual Studioの品質、信頼性、パフォーマンスを高めるためのカスタマー エクスペリエンス向上プログラムにご協力ください。」のチェックは任意です。
インストール2

3. インストール

『インストール(N)』 をクリック。
インストール3

インストールが始まります。
インストール4

4. 起動

インストールが終われば、『起動(L)』 をクリック。
インストール5

インストール6

5. オンライン登録

オンライン登録 をクリック。
Microsoft アカウント でサインイン。(Microsoft アカウントがない場合は、作成してください。)
サインイン後、氏名、会社名や会社住所などを入力してプロダクトキーを入手。
プロダクトキーを入手したら、『プロダクトキー(P):』に入力して、『次へ(R)』をクリック。
インストール7

『閉じる』 をクリック。
インストール8

インストール9

Update4 の適用

Windows XP でも実行できるアプリケーションを作成するには、Update1以降を適用する必要があります。

また、プロジェクトの設定を変更する必要があります。
Update1以降を適用後、プロジェクトのプロパティを開いてください。
「構成プロパティ」の中の「プラットフォーム ツールセット」を「Visual Studio 2012 - Windows XP (v110_xp)」を選んでください。

http://www.visualstudio.com/downloads/download-visual-studio-vs からダウンロード・実行します。

『ライセンス条項に合意する。(T)』 にチェックを入れる。
『インストール(N)』 をクリック。
下記画像はUpdate1のものです。
インストール10

インストール11

『今すぐ再起動(N)』 をクリックし、Windowsを再起動します。
インストール12

アプリケーションの起動、プロジェクトの作成

インストールしたVisual C++を起動し、プロジェクトの作成をします。

Visual C++ 2012 Win32アプリケーション作成 をご覧ください。