Visual C++ Community & Expressの特徴

無料

Microsoft Visual Studio Express は無料で利用できるコンパイラです。

Microsoft Visual Studio Community は、個人向けでは、有償アプリを含め無料で使用できますが、法人の場合は条件があります。

Windows SDKが使える

Windows SDKとは

Windows SDKを「Windows Platform SDK」と呼ぶことがあります。

Windows SDKとは、Windowsで動作するアプリケーションを作成するために、マイクロソフトが公開しているソフトウェア開発キット(SDK:Software Development Kit)のことです。
Win32 APIを利用するために必要なヘッダファイル、ライブラリがあります。

Win32 API(Application Programming Interfaces)は、アプリケーションから、Windowsを操作する手段のことです。

追加のインストールなしで、Windows SDKが使える

Visual C++ 2005 Express Editionでは、Windows SDKのアプリケーションを作成する際、 別途ソフトウエアをインストールする必要がありましたが、 Visual C++ 2008 Express Edition以降は、追加のインストールなしで、Windows SDKが利用できます。

Expressには、MFC、ATLが含まれていない

Expressには、MFC(Microsoft Foundation Class)と、ATL(Active Template Library)は含まれていません。
※ MFCとATLは、本サイトでは扱いません。

Visual Studio Communityには、MFC(Microsoft Foundation Class)と、ATL(Active Template Library)が含まれています。

インストールに必要なWindowsのバージョン

バージョン 2017 Community / Express 2015 Community / Express 2013 Community / Express 2012 2010 2008
98 × × × × × ×
Me × × × × × ×
NT × × × × × ×
2000 × × × × × ×
XP × × × × ○(SP3)
Server 2003 × × × × ○(SP2,R2) ○(SP1以降,R2)
Vista × × × × ○(SP2)
Server 2008 × ○(R2 SP1) ○(R2 SP1) ○(R2 SP1) ○(SP2,R2)
7 ○(SP1) ○(SP1) ○(SP1) ○(SP1) ○ *2
Server 2012 ○(R2) × *4
8 × ○ *1 × *4
8.1 × *4
10 ○(バージョン 1507 以降) × *4

*1 更新プログラム(KB2736182)の適用が必要 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=34677
*2 Visual C++ 2008 Express Edition SP1の適用が必要
*4 マイクロソフトの保証対象外

マイクロソフトのサイトには、ハードウエア要件が記載されていますが、最小のハードウエア要件を満たせなくても動作します。(必要なCPUクロックは、1.6GHzですが、Visual C++ 2008 Express Editionが、PentiumIII 550MHzでも動作したことを確認)

参考:http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools.aspx

作成したプログラムが実行可能なWindowsのバージョン

バージョン 2017 Community / Express 2015 Community / Express 2013 Community / Express 2012 2010 2008
98 × × × × × ×
Me × × × × × ×
NT × × × × × ×
2000 × × × × ×
XP ○ *5 ○ *5 ○ *5 ○(SP3) *3 *5
Server 2003
Vista ○(SP2)
Server 2008
7
8 - *4
8.1 - *4

*3 Update 1以降 の適用が必要
*4 マイクロソフトの保証対象外
*5 プロジェクトの設定を変更する必要あり

各バージョンの共存は可能

各バージョンを複数インストールすることは可能です。

Visual Studio CommunityとExpressを複数インストールすることも可能です。

Visual C++ 2010 Express、Visual Studio Express 2012 for Windows Desktopを両方インストールする場合は、Visual C++ 2010 Express をSP1にしてください。
そうしないと、Visual C++ 2010でコンパイル時に「LINK : fatal error LNK1123: COFF への変換中に障害が発生しました: ファイルが無効であるか、または壊れています。」というエラーが発生します。

Visual Studio CommunityとExpressの違い


Community Express
機能 Professional相当の機能 制限あり
MFC(Microsoft Foundation Class)
ATL(Active Template Library)
含まれる 含まれない
リソースエディタ あり なし
企業向けの使用制限 制限あり 制限なし

バージョンの違い

インストールするバージョンに迷ったら、最新の2015にすればいいと思います。
Microsoftアカウントを作成したくない場合は、2008のオフラインインストールを選択してください。

バージョン 長所 短所
2015
Community
Express
・オンラインインストールでもMicrosoftアカウントがあれば登録可能。 Windows 7 SP1 以降のPCしかインストールできない。
・Windows XPで実行可能なアプリケーションを作成をするには、プロジェクトの設定を変更する必要がある。
2013
Community
Express
・オンラインインストールでもMicrosoftアカウントがあれば登録可能。 Windows 7 以降のPCしかインストールできない。
Internet Explorer 10 以上が必要。
・Windows XPで実行可能なアプリケーションを作成をするには、プロジェクトの設定を変更する必要がある。
2012 ・オフラインインストールのダウンロードサイズが小さく、CD-R/RWが使用出来る。 Windows 7 以降のPCしかインストールできない。
・Windows XPで実行可能なアプリケーションを作成をするには、Update1以降を適用する必要があるうえ、プロジェクトの設定を変更する必要がある。
2010 - ・SP1のインストールが別途必要。
・オフラインインストールのSP1インストラーのサイズが大きい。
2008 オフラインインストール時にマイクロソフトへの登録が不要。
・SP1が適用されたインストーラが用意されている。
・作成したアプリケーションは、Windows 2000で実行が可能。
・Windows 7で追加された機能を使用したアプリケーションを作成するには、別途最新のWindows SDKをインストールする必要がある。

Windows SDKの特徴

長所

  • アプリケーションの動作が高速。
  • 無料で使えるVisual C++ Community / Express に入っています。
  • ランタイムなどがインストールされていないPCでも、実行ができるアプリケーションを作成できます。 (プロジェクトの設定を変える必要があります。)
  • C++の知識がなくても、C言語の知識があればよい。

短所

  • .NET Framework や MFC と比べて習得が困難です。
  • Visualと名前がついてますが、ソースコードは手入力が基本です。
  • メモリの管理を自分で行わなければならず、メモリの確保・開放忘れにより、アプリケーションやOSが不安定になるアプリケーションが作成できてしまいます。