Visual C++ 2010 Express で、Win32アプリケーションを作成概略

ここでは、Win32アプリケーションを作成する方法を説明します。
・Visual C++ 2010 Express のインストール方法は Visual C++ 2010 Express をインストール をご覧ください。

Visual C++ 2010 Express で、Win32アプリケーションを作成

起動

1.

「スタート」 - 「すべてのプログラム(P)」
- 「Microsoft Visual Studio 2010 Express」
- 「Microsoft Visual C++ 2010 Express」
(Windows XPの場合)からVisual C++を起動

VCコンソールアプリケーション1

2.

立ち上がった状態です。

VCコンソールアプリケーション3

Win32アプリケーションのプロジェクト作成

1.

「ファイル(F)」 - 「新規作成(N)」 - 「プロジェクト(P)...」
を選択。

VCコンソールアプリケーション4

2.

●「インストールされたテンプレート」
「Visual C++」「Win32」 ---- 「Win32 プロジェクト Visual C++」
を選択。

●「名前(N):」を入力
ここでは、名前(プロジェクト名)を test とします。
「ソリューション名(M):」 はプロジェクト名を入力すれば、自動で入力されます。

●「OK」をクリック

VCコンソールアプリケーション5

3.

「次へ」をクリック。

VCwin32アプリケーション2

4.

追加のオプションに、「空のプロジェクト」にチェックを入れ、「完了」をクリック。

VCwin32アプリケーション2

5.

プロジェクトが作成されたら、 ソリューションエクスプローラーのウインドウにあるプロジェクト名もしくは、 「ソースファイル」「ヘッダーファイル」「リソースファイル」のフォルダを選択された状態で、右クリック。
「追加(D)」-「新しい項目(W)...」をクリックします。

VCコンソールアプリケーション31

6.

「新しい項目の追加」ウインドウが出てくるので、 「C++ファイル(.cpp)」を選択、 「名前(N):」を入力し、「追加(A)」をクリック。

VCコンソールアプリケーション32

5.

プロジェクトが作成できました。

VCコンソールアプリケーション33

プロジェクトの設定

必須ではありませんが、下記2つの設定をします。

Visual C++が入っていないPCで実行

ビジュアルスタイルの表示にする

ソースコードの入力

ソースコードは下記のように入れてください。

test.cpp

#include <windows.h>

int APIENTRY WinMain(HINSTANCE hInstance,
                     HINSTANCE hPrevInstance,
                     LPSTR lpCmdLine,
                     int nCmdShow)
{
    MessageBox(NULL, TEXT("本文"), TEXT("メッセージボックス"), MB_OK);
}

ビルド

1.

「デバッグ(D)」 - 「ソリューションのビルド(B)」
でコンパイルします。

VCコンソールアプリケーション9

2.


========== ビルド: 1 正常終了、0 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========

と表示されていることを確認してください。

VCコンソールアプリケーション10

実行

1.

「デバッグ(D)」 - 「デバッグ開始(S)」
を選択。

VCwin32アプリケーション6

2.

実行されました。

VCwin32アプリケーション7